読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Psychologicai tips

心理学をベースにビジネススキルや、面白い実験を紹介します。

過労死しない為の疲労回復法を伝授する

f:id:psychological-tips:20161112184559j:plain

 

電通の女性社員の自殺から少し経ちましたね。 

将来就職したらあんな感じに働かされてしまうのかな...と少し不安です。

 

さて、そんな過酷な労働に耐えるためにも、私が普段から行っている疲労回復法を今回はご紹介します。

 

1.飲み物・食べ物編

・午後の疲労対策に欠かせないコーヒー

意外と知らずに飲まれていますが、コーヒーには眠気対策だけではなく疲労物質を活性化させにくくする働きがあります。

僕はいつも無糖のコーヒーにミルクを入れて飲んでいます。

そして10分ほど机につっぷくして昼寝。これだけで昼食後の眠気対策にはばっちりです。

 

・おやつにはナッツ、もしくはアーモンドチョコ

おやつを食べるときに気にしているのは糖質です。

中でもナッツ類は血糖値が上がりにくくて、腹持ちもいいのでマジおススメ。

「ナッツだけじゃ物足りねえ!」って方はアーモンドチョコがおすすめ。

 

チョコにはイライラを抑える効果がある成分が入ってるし、ナッツも食べれるしで

一石二鳥。

 

この時に気にするのは袋の裏に書いてある成分表示ね。

一番最初に

砂糖/カカオマス

 みたいに表示されてるのは避けてくださいね。最初にカカオマスって書いてあるのが◎です。

 ちなみにいつも僕が食べてて、おすすめのはこれです。

いっぱいはいってて、5日くらいに分けて食べれるのでコスパもいいのが魅力。

 

まとめ

疲労はなるべくたまらないようにして、疲れる前に対策するのが一番です。

 

疲れ対策を全部書こうと思ったらかなり長くなってしまいそうなので、今回は食べ物・飲み物編にしてみました。

 

 ではまた!