読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Psychologicai tips

心理学をベースにビジネススキルや、面白い実験を紹介します。

朝にやるべき8つの行動リスト

もっと生産的な1日を送るために、目標に向かって行動できるようにあるための行動リストを公開します。

どれもカンタンにできることです。あしたからでも実践して見てね!

1つ目:7時間以上眠る

とにかく睡眠時間をたっぷりとってください。

はやくねるだけで様々な健康効果が」発揮されます。

・記憶力の向上

・自制心の向上

・寿命が伸びる

・注意力、集中力の向上

などなど沢山あります。

2つ目:瞑想する

瞑想する習慣がない方は3分からでも結構です。

朝から瞑想することで心を落ち着け、ポジティブになる・集中力が上がるなどの効果が望めます

 

3つ目:タンパク質を30g摂る

栄養学の教授であるドナルドレイマンは毎日朝食に30グラム以上理想だと言っています。

同じく『週4時間だけ働く』の著者であるティモシーフェリスも起きて30分以内に30グラムのタンパク質をとることが理想だと言っています。

人によってはこれを1ヶ月続けただけで5キロほど痩せたと言う人もいる位です。

タンパク質が多い食べ物は消化に時間がかかるので満腹感が続きます。また血糖値の上下も緩やかなので疲れにくいです。

タンパク質を多くとることは加工された炭水化物を食べたくなる欲求を減らします。

筆者の朝食メニューとしてはコンビニで売っているサラダチキン(税込み198円)を1パック,これでタンパク質が約26グラム。

これとゆで卵1つでタンパク質を30グラム以上摂取することができます。

このラインより上のエリアが無料で表示されます

 

4つ目:シャワーを浴びる

 

朝からシャワーを浴びると交換神経が刺激されスッキリと体を起こすことができます。

さらにシャワーを浴びている間はアイディアが沸きやすいと言われていて、約70%の人はシャワーを浴びている間にアイデア思いついたと言う研究結果があります。

 

5つ目:目標を見つめ直す

5つ目は目標を見直すことです自分にとっての目標や課題代目は常に意識されているものではありません。

私たちはつい目の前のことにとらわれ夢や目標を見失いがちです。

それは朝に確認することによって思い出すことができます。

 

6つ目;自分を高めてくれるものに触れる

 

朝のうちに自分の気持ちを高めてくれるものや能力を高めてくれるものに触れることにしましょう

一般的な人はエンターテイメントや求めがちですが、一流と呼ばれる人たちは教育と学びを求めます。彼らは学ぶということを継続して行っています。

通勤通学の間でもいいのでオーディオブックを聞いたり本を読むようにしましょう。毎朝15分〜30分続けるだけでも様々なトピックで誰にも負けない知識を持つことができます。

7つ目:夢に向かって何か1つ行動する

朝の時間後に夢に向かって何か行動を1つでも起こしてみましょうあなたが作家やライターになりたいのだったら記事を1つ書くだけでも構いません。

何か1つでも君に向かって行動することが大切です朝のうちは視力が高く自分の行動をコントロールできやすいので行動起こすには最適な時間だといえます。

 

8つ目:運動する

 

最後は運動です。

運動は健康に欠かせないだけでなく精神的な健康にも役立ちはさらに有酸素運動はあなたの記憶力を高め仕事の質を高めてくれることでしょう。

 

 

まとめ

朝の時間を有意義に使うことは目標の実現をよりリアルにします。

どれもカンタンにできることばかりです!頑張りましょう!